顔 丸いシミ

*

顔のシミの原因とL-システインの効果

平らで輪郭がはっきりしている「丸いシミ」は、紫外線などの影響によって、表皮の細胞の遺伝子が傷つけられ、過剰にメラニン色素が作られてしまったことによってできるもの。このシミは、「老人性色素斑」や「日光色素斑」などと呼ばれています。

このように輪郭がはっきりとして目立つタイプのしみは、メラニンが過剰にどんどんと作られてしまうため、肌のターンオーバーが追いつかず、メラニンの排出が間に合わないためにできてしまいます。そこで、対策として、メラニン合成を抑制しつつ、肌のターンオーバーを促進させるために、L-システインを飲むのが効果的。

この「L-システイン」は、肌のターンオーバーを速める働きがあるほか、メラニンを作る酵素と戦い、新たなメラニン合成から守る作用もあるのです。

Lシステインは、特にスポット的なしみに効果を発揮します。ちなみに、ビタミンCやビタミンEが一緒に配合されているものがさらに効果的です。

さらに、このようなしみの部分には、メラニン合成を促進させる「情報伝達物質エンドセリン」が増加している状態。よって、このエンドセリンをブロックするコスメが効果的です。

化粧品メーカーによって違ってきますが、「ナーシサスエキス」や「カモミラET」など、エンドセリンを抑制させる成分が含まれているものを選びましょう。

【しみが消える仕組み】

  • L-システインが肌の毛細血管の血行をよくするため、肌のターンオーバーを促進させてメラニンを排出する。
  • L-システインの抗酸化作用によって、紫外線からの悪影響を減らすことができる。
  • カモミラETやナーシサスエキスが表皮からメラノサイトへのエンドセリンを抑制する。

関連サイト

L-システインの力とは | ハイチオール【エスエス製薬】

PAGE TOP ↑