手汗 止める ツボ

*

手汗を止めるツボ押し(厳選3つ)

皆さんはツボ押しをしたことがあるでしょうか。

疲れたときなどにツボを押すと、目の疲れがほぐれたり、体の疲れがとれてスッキリすることがありますよね。

実はこのツボ押し、手汗にも効果があるのです。

ここでは手汗を止めることのできるツボについてご紹介します。

手汗を素早く止めるのに効果的なツボはいくつかあります。

一つ目に紹介するのは「合谷(ごうこく)」と呼ばれるツボです。

合谷は両手の親指と人差し指の付け根部分から、さらに手首の方へ向かうところにあるくぼみ部分にあります。

合谷は目の疲れに最適なツボなので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

疲れたときは「万能のツボ」である合谷を押すと、疲れがだんだんと和らいでいきます。

そして、合谷には手汗の症状も改善させる効果があります。

合谷は多汗症などの発汗異常に働きかけるので、手汗の改善にも効果的です。

合谷を押すことで新陳代謝が正常になるため、「無汗症」と呼ばれる多汗症とは逆の症状にも効果があります。

入浴中や入浴後など体がリラックスしている状態で、親指を使ってゆっくり呼吸をしながら合谷のツボを押していきましょう。

二つ目に紹介するツボは「労宮(ろうきゅう)」です。

労宮は手を軽く握ったときに中指があたる部分、つまり両手のひらの真ん中あたりになります。

とてもわかりやすいところにあるのですぐに見つけられるかと思います。

この労宮というツボは、精神を落ち着かせてリラックスさせる効果があるため、緊張やストレスが原因となっている手汗の症状に非常に効果的です。

気持ちが落ち着かないときや緊張感をとりたいときには、労宮をゆっくりと押してみてください。

深呼吸をしながら5秒間押す、5秒間離す、といったようにマッサージをするとより効果が上がります。

合谷と労宮は手にあるツボなので、手汗が気になったときにはすぐに押せるのでおすすめです。

三つ目は「復溜(ふくりゅう)」というツボです。

復溜は足のアキレス腱近くにあり、体の水分量を調節する効果があります。

内側のくるぶしとアキレス腱の中間から指2本分上の位置にあるツボを、親指でゆっくり押すと痛気持ちいい感じがしてきます。

また、復溜は手汗を止める効果の他に冷え性の改善にも効果があるので、冷え性の女性の方々は手汗の症状と共に冷え性も一緒に改善してみてはいかがでしょうか。

関連記事: 手汗がピタッと止まった!手汗用の制汗剤

 

PAGE TOP ↑