妊娠中 便秘

*

妊娠中の妊婦さん便秘解消法

一般的に、女性は男性より便秘になりやすいと言われています。特に妊娠中は、便秘で悩んだことのない人でも便秘になってしまう体内環境にあります。受胎すると分泌される黄体ホルモンが、腸の活動を妨げる作用をしてしまうからです。

そのため、妊娠するまで一度も便秘になったことのないような人が、妊娠をした途端に便秘の症状になってしまうことがよくあります。

妊娠中期になると子宮も一段と大きくなってくることから、腸管を押し付けられるような症状が気になってきます。妊娠中の便秘解消法として一番安心なのは、食事や運動です。

毎日の食事レシピや食材を一工夫したりして食物繊維を多めに取り入れるよう心がけましょう。

食事は食物繊維の多いものがよいです。運動は妊婦さんということで、激しく体を動かすことはできませんが、散歩程度は行ってみるのもいいでしょう。

最近では、天然オリゴ糖などの健康食品を利用して便秘改善に成功する方も増えているようです。

健康食品は食品ですから、医薬品のように副作用の心配がないので妊婦さんでも安心して摂取することが出来ます。

また、妊娠中の便秘の原因として水分不足も挙げられます。

妊娠中はトイレが近くなるので、水分を控えてしまう方も多く見受けられ、これが便秘の原因の場合もありますので、水分をよく摂るのも便秘予防法の一つと言えます。

さらに、お腹を冷やすのもよくありまえんので、寒い時期には常温のお水にするなどの対策も必要になってきます。

あまりにも便秘の症状がひどい・長引く場合は、最終手段として病院でお薬をいただくという選択もあります。ラキソベロン液やマグラックスという薬がよく出されるようです。

でも、薬に慣れてしまうと、長期的な便秘改善効果が期待できなくなるため、自然排便でいられるよう日頃から便秘にならないように気をつけることが大切です。

PAGE TOP ↑