腰を痛めない腹筋

*

腹筋トレーニングで腹筋を割る

腹筋を鍛える方法はいろいろあります。

昔、学校の体育の時間などにやった腹筋運動、頭を抱えて上体を起こす運動は無意識に腕の力で勢いをつけてしまうこともあります。

それよりは、後述するトランクカールのような、膝を立てて頭の後ろで手を組んで、肩が浮くくらい上体を持ち上げて腹筋がプルプルと震える程度まで負荷をかける筋トレの方が効果が高いといえます。

腰も痛めにくいですしね。

また、クランチという腹筋トレーニングの方法もあります。

これは、仰向けになって膝を曲げます。椅子などに足を乗せると良いと思います。

そして頭の後ろで手を組んで上体を丸めるように上体を持ち上げます。

かなり腹筋が鍛えられます。
ローラーを用いて腹筋を鍛える方法もありますね。

ただし、ローラーを使った腹筋の筋トレは腰を痛めやすいので注意が必要です。しかし、腹筋には効きます。

ちなみに、腹筋運動だけを行うことの消費カロリーはそれほど多くはないそうです。

ダイエットのために腹筋トレーニングをするのであれば、その他の有酸素運動も取り入れて脂肪が落ちやすい体作りも並行して始めることが必要といえます。

今流行りの加圧トレーニングでも、腹筋を鍛えるトレーニング方法があるかもしれません。トレーナーの方に相談してみるのも良いと思います。

腰を痛めない腹筋の鍛え方

腰を痛めない腹筋の鍛え方も大切です。

また、例えば腰痛もちのため、腰を痛めずに腹筋を鍛えたい場合には、腰に負担がかかりすぎるトレーニングは避けるようにしましょう。

いきなり腹筋を100回やってしまうとか、足を地面につく手前で止めながら上下に運動させる腹筋トレーニングなどは結構な確率で腰を痛めてしまうかもしれません。

猫背で姿勢が悪い人だと、意外と腰痛をもっている、という方も多いですから腹筋の筋トレをすることでさらに腰を痛めてしまわないように注意してくださいね。

出来る限り腰を痛めないように腹筋を鍛えるトレーニング方法としては、トランクカールという筋トレ方法が良いと思います。

実際に私もこの筋トレ方法を中心に腹筋トレーニングをしていますが、動きが意外と少ない割には、腹筋に負荷がかかり、かなり鍛えることができます。

トランクカールのやり方

トランクカールは、仰向けで寝た状態から頭の後ろで手を組みます。

両足を閉じて膝を立てます。そして、お腹・腹筋を意識しながら、肩が少し浮くくらい体を起こします。

fukkin

これを最初はゆっくり10回など試してみると良いと思います。

慣れてきたら、腹筋の疲れ具合などを見て、トランクカールの筋トレ回数、セット数を増やしていくと良いと思います。

筋トレの基本は、腰や背筋など体を痛めないようにトレーニングをすること。

そして、鍛えたい部位を意識することも非常に重要です。鍛えたい部位とトレーニング方法が合っていると、その部位に効いているのが分かります。

トレーニング後に何の疲れも感じない場合、筋肉に負担が掛かっていない証拠ですので、トレーニング方法を見直しましょう。鍛えたい部位の筋肉を意識しながらの運動と意識しない何となくの運動では、数倍も効果が違うと感じます。

正しい腹筋トレーニング方法で効果的に腹筋を強化、割るようにしたいですね。

トランクカール見本動画

PAGE TOP ↑