馬油シャンプー

*

馬油シャンプー選びのポイント

薄毛を防止するために馬油シャンプーを選ぶのであれば、洗浄成分が頭皮や髪にやさしい製品を選ぶことが大切です。

馬油シャンプーの主な成分は、頭皮や髪の汚れを落とす洗浄成分と、頭皮に潤いと栄養成分を与える馬油。しかし、馬油にばかり気を取られ、洗浄成分に無関心でいると薄毛対策の効果は望めません。

もともと、馬油は人間の皮膚との親和性が高く、よく浸透し、保湿力も高いために、女性のスキンケア用品としてスキンクリームなどに使われてきました。しかし、肌に気をつかう女性は、「洗顔後に馬油のスキンクリームで保湿・栄養補給すればOK」という考え方はしません。

保湿・栄養補給の前段階の、化粧を落とすクレンジング剤、汚れを落とす洗顔料といった、皮膚を洗浄する製品についても刺激が少なく肌にやさしいものを真剣に選びます。こうしてはじめて、女性は健康で潤いのある美しい肌を手に入れられます。

ところが、男性は一般的にスキンケアにそれほど熱心ではありません。このため薄毛対策でも男性は安易な考え方をしがちです。「シャンプーのあとに育毛剤をつけておけばいいだろう」とか、「とりあえず抜け毛防止成分の入ったシャンプーを使ってみよう」という具合です。

薄毛対策の土台は健康な頭皮です

馬油シャンプーを選ぶ際、「とりあえず馬油の入ったシャンプーを使ってみよう」という考えでは不十分です。

女性が健康な肌を手に入れるためにクレンジング剤や洗顔料の洗浄成分に気を使うように、男性は健康な頭皮を手に入れるためにはシャンプーの洗浄成分に気を使うことが大切です。

薄毛対策のためには、シャンプーの洗浄成分は「汚れは落とすが皮脂を落としすぎない」ものを選ぶことがポイント。

人間の肌や頭皮には皮脂の分泌量を調整する働きがあります。しかし、シャンプーで皮脂を落としすぎ頭皮が乾燥すると、この皮脂の調整システムが過敏に反応し、その結果皮脂が過剰に分泌され、頭皮がギトギトになってしまうという悪循環に陥ってしまいます。こうなると頭皮のコンディションが悪くなり、薄毛になりやすくなります。

だからシャンプーの洗浄成分は「汚れを落としつつ皮脂を落としすぎない」ことが大切なのです。

シャンプーは石油系・石鹸系・アミノ酸系の3種類

問題外なのは石油系です。洗浄力が強すぎる上に皮膚への刺激が強いからです。
[皮脂の落としすぎ→頭皮の乾燥→皮脂の過剰分泌→ギトギトの頭皮] の悪循環を引き起こしやすいのです。

よって、選ぶのは石鹸系かアミノ酸系のどちらか。

石鹸系は石油系よりも頭皮にやさしい洗浄成分です。
難点は洗い上がりに髪がきしむことです。石鹸はアルカリ性で、このアルカリの作用によってキューティクルが開いてしまうことが原因です。

きしみは髪の表面の摩擦が大きいために起こる現象で、ブラシや手で髪に触れた際に摩擦によって抜け毛が多くなります。ただ、石鹸シャンプーは数ヶ月使用し続ければきしみがなくなっていく場合が多く、きしみがなくなれば問題はありません。

アミノ酸系は皮脂を落としすぎることがなく、洗い上がりも良いのが特徴で、頭皮にも髪にもやさしい洗浄成分です。馬油シャンプーの洗浄成分としては石鹸系、アミノ酸系のどちらもありだと思います。

石鹸のアルカリは弱いので、髪はきしんでも肌にトラブルが起こるケースは少ないです。まれに敏感肌の人が石鹸で軽度の肌荒れを起こす程度です。敏感肌の人や、普段、石鹸で体を洗うと肌がつっぱるような感じがする人は、アミノ酸系のほうがよいでしょう。

おすすめできる馬油シャンプー

  • 肌の弱い方でも安心して使用できる、植物由来のアミノ酸系洗浄成分を使用
  • 他の馬油シャンプーよりさらに一歩踏み込み、髪の成長を促進する生薬を配合

という2点を評価し、「ウーマシャンプー」をおすすめしています。

※ウーマシャンプー公式通販サイトでは現在、初めて購入される方が商品に満足できなかった場合、商品到着後30日以内であれば商品代金全額を返金するキャンペーンを実施しています。

実際に使ってみて、万が一「効果がなかった」「自分に合わなかった」という場合には代金を全額返してもらえますので、初めての方でも安心です。

詳細は公式通販ページで ⇒ 馬油から生まれたウーマシャンプー

PAGE TOP ↑