育毛 シャンプー

*

育毛のポイントはシャンプー

ひと昔前までは、シャンプーと言えば頭髪を洗うものという認識が一般的でした。 しかし最近ではスカルプ(=頭皮)シャンプーというジャンルが注目を集めているように、頭髪と同時に頭皮も洗うためのものがシャンプーである、という考え方が定着してきています。

実際にも、抜け毛を予防し、すこやかな髪を育てていくためには毎日のシャンプーが大きなポイントのひとつであることは間違いありません。

毛穴にたまった皮脂は発毛を妨げる直接の原因になります。また、毎日お使いの整髪剤が十分に落としきれてないと、それが汚れとなって毛穴や頭皮にたまり、発毛や育毛に悪影響を及ぼすことになってしまいます。

さらに、汚れに塞がれた頭皮には栄養分も行き渡りにくくなるため、せっかく質の良い育毛剤を使用しても発毛のための糧にならないといった問題も出てきます。 毎日きちんと丁寧にシャンプーし、頭皮を常に清潔に保つことこそが、育毛への近道なのです。

ただ、毎日シャンプーしていても、洗い方が間違っていたのでは十分な効果は期待できません。 汚れがしっかりと落ちきっていなかったり、すすぎが十分でなく残ったシャンプー剤が頭皮に負担をかけたりと、かえって頭皮に悪影響を及ぼすケースは少なくないのです。 また、シャンプー自体もどれでも良いというわけではなく、どのようなシャンプーを選ぶのかという点についても気を配る必要があります。

シャンプーの選び方

現在では、通販・リアル店舗とわず、ものすごい数のシャンプーが販売されています。頭髪に問題を抱えていない方にとっても、いざシャンプーを選ぶとなると大いに迷うところでしょう。 ましてや抜け毛が気になる方にとっては、どのシャンプーにしたらいいのかは悩みどころ。

いわゆる育毛シャンプーやスカルプシャンプーなど、薄毛が気になる方のためのシャンプーだけを取り上げてみても、実に様々な種類のものが登場しています。

一般的なシャンプーに比べて育毛シャンプーやスカルプシャンプーは価格が高めになることから、「普通のシャンプーではダメなのか」という疑問も湧いて出てくるのではないでしょうか。

一般に市販されているシャンプーの多くには、石油を原料とした合成界面活性剤が含まれています。

合成界面活性剤を使用したシャンプーは汚れ落ちや泡立ちが極めて良く、安価で大量生産に合っている反面、成分が強すぎて頭皮や髪に負担をかける可能性があります。 また、パラベンなどアレルギーを起こす可能性のある成分(以前は旧表示指定成分と言われていました)が入っているものも少なくありません。

実際、合成界面活性剤の影響によって薄毛になったと考えられるケースは多く、髪と頭皮の健康を考える方にとっては非常に気になるところでしょう。

それでは髪や頭皮のためにはどういったシャンプーを選んだら良いのでしょうか? おすすめなのは自然の素材をベースにしたアミノ酸系シャンプーです。一般的に無添加シャンプーと呼ばれている、旧表示指定成分が使用されていないアミノ酸系シャンプーであれば、なお良いでしょう。

無添加シャンプーは汚れ落ちや泡立ちの面で合成界面活性剤使用のシャンプーより劣りますし、価格が高めになるという欠点があります。 しかし、無添加シャンプーは頭皮や毛髪にとても優しく、安全性の面では申し分ありません。

抜け毛のケアとしてはもちろんですが、敏感肌の方や小さなお子様のためにも安心してご使用いただけるシャンプーです。

PAGE TOP ↑