頭皮ケア 女性

*

女性の頭皮トラブルの原因とは

女性の84%が、髪や頭皮のトラブルで悩んでいます。その理由は「頭皮が乾燥すること」で起こります。

頭皮が健康な状態では、皮脂膜が地肌を守っているため、雑菌の繁殖が抑えられ、フケや臭いに悩まされることはありません。しかし、洗浄力が強いシャンプーや頭皮クレンジングを使いすぎることで、大切な皮脂膜が剥れてしまうと

  • 頭皮が乾燥しすぎてフケが増えたり
  • フケをエサにする雑菌が増えることで、臭いが発生したり

また、皮脂を落としすぎることは、逆に多くの皮脂が分泌されるようになり、地肌がべたつくき、頭皮が重たく感じる原因になります。

それらはすべて、頭皮が乾燥する事によって起こるということです。

余分な汚れや、余分な皮脂、毛穴に詰って角栓のようになった皮脂の塊は落とし、地肌そのものには潤いを与えて、頭皮の環境を整えることが大切です。

頭皮環境を整えるためのシャンプー選び

頭皮環境を整えるためには、まず、どんなシャンプーを使うかが大切です。

  • 洗浄力が強すぎると、健康な皮脂膜まで剥がしてしまい頭皮にダメージを与える事につながります。
  • 髪の指通りを良くするためのポリマーやシリコンといった成分は、頭皮の毛穴をふさいで髪の成長を邪魔したりします。

ちなみに、傷んだ髪は元には戻りません。
髪が傷むのはキューティクルがダメージを受けることです。
ガラスにヒビが入ったのと同じことですし、髪は自己再生能力を持たないからです。

一度傷んだ髪は補修し続けるしかないのですが、そのためにシリコンやポリマーが入ったシャンプーを使って、髪をコーティングすると、静電気が防げて確かに指通りが良くなり、サラサラ感はでてきます。

しかし、髪にカラーが入りにくくなるほどしっかりとくっついてしまうシリコンですから、当然、頭皮には良くありません。またシャンプーの時に背中についたシリコンはシャワーでは流れにくいので、背中のニキビの原因にもなります。

ですから、頭皮環境を整えることと髪の傷みを補修することは、別だと知った上でシャンプーを選ぶことが大切です。

頭皮環境と髪の傷みのケアを両立させるシャンプーの選び方

頭皮環境の改善と髪の傷みのケアを両立させるには、強すぎず弱すぎない洗浄力と髪に近い成分で作られているアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

まず洗浄力で考えると、ラウリル硫酸Naとかラウレス硫酸○○などと書かれているものは避けたいですね。
洗浄力が強すぎますから。強すぎるというか、ここで説明するのが恐ろしいくらいの成分ですから、おすすめできません。

髪の補修ということを考えると、髪に近い成分を使っているシャンプーがいいです。
髪は99%がケラチンという、タンパク質でできています。
タンパク質はアミノ酸がつながってできていて、ケラチンも18種類のアミノ酸がつながってできています。

アミノ酸シャンプーなら弱酸性で洗浄力が強すぎないため地肌に優しく、また髪の成分にも近いため、効果を実感するまでの期間には個人差はでますが、使い続けていくうちに髪本来のツヤやコシが戻ってきますよ。

PAGE TOP ↑