秋・冬の乾燥肌対策スキンケア

*

秋・冬の乾燥肌対策スキンケア

乾燥が激しい季節のスペシャルケアに

ひどい乾燥タイプの肌は硬く、ゴワゴワ。よく「お肌が荒れて化粧水が入っていかない」という人がいますが、それは乾燥で硬くなりすぎている証拠。せっかく乾燥対策しても焼け石に水。

この肌は、より一層肌を外気から守ろうとして厚くなり、悪循環を引き起こしている状態。

悪循環に気づいた肌は「守りの対策」を!と急いで角質層を作ろうとしてしまうのでスムーズなターンオーバーをも崩してしまうのです。

先ず緊急の対策は、スムーズなターンオーバーを促す為に角質ケアを取り入れてみて。

ただしフルーツ酸を使用したピーリングやスクラブ系はダメージを受けている乾燥肌に刺激を与えるので、低刺激でやさしいものを選ぶようにしてください。

空調による乾燥対策

エアコンで空調管理されるオフィスで長時間仕事をしているお肌は、年齢を問わず常に乾燥し、対策が必要。

きちんと乾燥対策を施さなくては「シミ」や「小じわ」などの肌トラブルを引き起こす原因にも。

メイク直しの際には、メイクの上からでも浸透性の高い化粧水や良質なオイル・クリームを補うなど、こまめに乾燥対策をすることがオススメ。

この時「乾燥によるカサツキが気になる」と言って油分だけを補給する対策をとる人がいますが、保湿はオイルだけではできません。

他にも、乾燥が気になると、メイクの上に水を吹き付けるなどの対策を行なう方がいるようですが、これは勘違い。

吹き付けた水分の蒸発と共に肌にあった潤いまで一緒に奪われてしまうので、要注意です。

乾燥肌対策の入浴法

寒いとついつい入浴時の湯船を熱くしたいものです。
ですがこの「お湯」の温度には要注意。ここでも乾燥対策をしましょう。

熱いお湯は皮脂を必要以上に落とし、かゆみの原因にも。湯船の温度は38-40度程度にし、ゆっくり芯まで温まって下さい。

そして肌がふやける程には入らないで。肌がふやけるほど入ると肌の保湿因子がお風呂に溶け出してしまいます。

また塩素は肌の保湿機能を低下させるので必ず入浴剤等を入れて塩素を抜くような対策をプラスしましょう。入浴後はすぐに良質なオイルやクリームなどで水分を閉じ込める事をお忘れなく。

PAGE TOP ↑