乾燥肌 保湿

*

乾燥肌対策に欠かせない保湿成分

水分を包み込んで逃がさない成分

どんな役割の成分なの?

脂質と水分がサンドイッチ状(ミルフィーユの様)に挟む性質をもつ成分。
ラメラ構造が細胞間を満たすことで、肌の潤いを保つ。
ラメラ構造が回復すると、肌のバリア機能が高まる。

こんな乾燥肌対策にオススメ

外気に影響を受けやすい肌、もしくは外出が多い人のお肌の対策にオススメ。

ラメラ構造をつくる・回復させる対策に適した成分の名前と説明

セラミド
角質細胞間脂質の約4割がセラミド。湿度が下がっても、保水力が持続的にあり、水には溶けないので、化粧水には不向き。本物のセラミドは大変高価な原料の為、「セラミド○○」など、紛らわしい表示もあるので、要注意。

レシチン
大豆より抽出されるもの。

ラフィノース
植物より抽出されるオリゴ糖で、天然由来の安全な成分。
植物が乾燥した時に種子に発現し、乾燥環境に対しての耐性を高める。

水分をたくさん含んで逃がさない成分

どんな役割の成分なの?

真皮にもともとある成分が使われる。湿度が下がっても威力を発揮。

こんな乾燥肌対策にオススメ

長時間、エアコンで空調管理するオフィスの中に居るお肌の対策にオススメ。

水分含有力のある成分の名前と説明

ヒアルロン酸
真皮になるゼリー状の物質。200~600倍の水分を蓄えるチカラがある。
とても優秀な保水能力をもっており、保湿成分には無くてはならない存在。

もともとはニワトリのトサカから抽出した高価なものでしたが、現在ではバイオの技術で生産するように。(効果に変わりはないようです)また、現在では、「スーパーヒアルロン酸」(ヒアルロン酸の約2倍の保湿力を持っているといわれている)や、「オリゴヒアルロン酸」(高分子ヒアルロン酸の分子量を小さくし、肌への浸透力を最大まで高めたもの)なども開発されている。

コラーゲン・エラスチン
真皮では、弾力保持の働きをする成分。
化粧品では塗ることにより保湿力を高める為に使用される。
従来、牛や豚の皮膚からつくられていたが、魚由来のフィッシュコラーゲンが安全性などの面から重要視されている。

吸湿力のある成分

どんな役割の成分なの?

水と結合し、水分を吸収する成分。

こんな乾燥肌対策にオススメ

保湿はしたいが、サラッとした使用感が好みと、使用感に重点を置かれるお肌の対策にオススメ。

天然保湿因子(アミノ酸・尿素・PCA)
セラミドの次に肌の水分維持に貢献。保湿力は強くないが、サラッとしていて使用感が良い。

PG、グリセリン、BG
吸湿性に優れ、化粧品には多用されている。

油分でふたをする成分

どんな役割の成分なの?

入れ込んだ水分を逃がさないようにフタをする役目。

こんな乾燥肌対策にオススメ

どれだけたくさん保湿ケアをしても、口の周りなどが直ぐにカサカサとするお肌の対策にオススメ。

ツバキ油 ホホバ油 ミンクオイル スクアランオイル ワセリン

PAGE TOP ↑