春・夏の乾燥肌対策スキンケア

*

春・夏の乾燥肌対策スキンケア

「さっぱり感」が要注意

暖かくなるにつれ皮脂の分泌も増え、汗もかきます。すると「夏はさっぱりした化粧品がいい」と思う方も少なくないハズ。ですがこの「さっぱり感」には乾燥の原因があることをお忘れなく。

「さっぱり感」の感触が強いものはアルコール配合量が多いと考えられます。アルコールは皮脂やセラミドを溶かし、肌を乾燥させる原因に。

使用感も大切ですが、春~夏の間にも乾燥対策を施す事でこれから訪れる乾いた季節に対応できる「保水力を持つ肌」を創るチャンス。

この季節をどう過ごすかで、あなたの乾燥肌も変わってくることでしょう。

夏にも冬用化粧品

湿度があがる季節であってもエアコンなどの影響で、室内の乾燥は放ってはおけません。

肌のコンディションは個人差がありますが、一般的に冬用・夏用の化粧品の違いは主に保湿成分の配合量の違いですので、冬用をそのまま使い続けても大丈夫です。

またTゾーンがベタつき、頬がカサつく場合は、乾燥する部分に、保湿成分たっぷりの化粧水などで対策をしましょう。

紫外線対策

肌の水分が不足し続けると、角質のバリア機能が低下し、紫外線等の刺激に対し抵抗力が弱まってしまうので、乾燥肌の方は保湿と同時に紫外線対策も大切。

ポイントは「こまめに」日焼け止めを塗ること。高いSPF値の日焼け止めを一度塗るよりも適切なSPF値の日焼け止めを何度もつける方が効果的。

外出時にはSSPF30以上のものを、日常生活にはSPF20程度で紫外線は防げます。そして皮脂や汗でムラにならないよう「こまめに」塗り直せば持続したUV効果が期待できるからです。

汗をかいた後の乾燥対策

汗をかく状態と言うのは当然水分が体内から奪われています。乾燥肌をつくらない為には、こまめな水分補給をする等の対策をしましょう。

また汗をかいたからと洗顔のし過ぎや入浴時に体をゴシゴシと洗う等の行為は、乾燥を引き起こす原因に。汚れは落として潤いは残すアルカリ性の洗顔料でやさしく洗うようにしましょう。

汗をかくことで肌が潤っていると勘違いしてしまいがちですが、気を抜くことなく、保湿で乾燥対策を行って下さい。

PAGE TOP ↑