脱毛クリーム デメリット

*

除毛・脱毛クリームの使い方・注意点

市販の脱毛クリームは、毛のタンパク質を溶かすものです。

表面に出ている部分だけ溶かすので、毛が伸びてきたら定期的にやる必要があります。

経済的で短時間で広い範囲の脱毛がでいるのがメリットです。

でも、クリームがお肌に合わなくて、アレルギーを起こしてしまう人も多くいます。

簡単に脱毛をすることができるクリームですが、理解していただきたいことがあります。

それは、脱毛クリームの硫化ストロンチウムが溶かしているのは、毛の成分であるケラチンだけではなく、皮膚の表面にある角質層までもを、溶かしているという事です。

脱毛クリームを使用したことのある人であれば、感じたことがあると思います。

使用後、脱毛を行った肌の一部がつるつると妙に滑らかになっているような経験をしたことはありませんか?

それは肌が脱毛されて綺麗になっているのではありません。

実は皮膚の角質層までもが薬品により、角質層が溶け出されてしまい、その結果すべすべとした感触になっているのです。

このことからも分かるとおり、脱毛クリームに含まれている硫化ストロンチウムという硫化物には、皮膚の内部にある細胞までもを破壊するおそれがありますので、短期間で頻繁に使用を行なうのは、肌トラブルの原因となり大変危険です。

最初は全然問題なかったのに、何度も使っているうちに、お肌にダメージがたまってアレルギーを起こす事もあります。

私は、高級(といわれている)脱毛クリームを使っていたことがありましたが、お肌がかゆくなったりあ赤くなったりして断念しました。

それと、脱毛クリーム、除毛クリームは値段の高いものだから安全とは限りません。

パッチテストをして大丈夫でも後からアレルギー反応が起きて、かぶれ、湿疹、腫れ、アレルギーなどを引き起こしてしまう場合もあるので、ご注意ください。

脱毛クリームを初めて使用するという人は、使用する前にかならず、アレルギー反応がでないかどうかのパッチテストをする必要があります。

使用上の注意などを記載した添付文書がありますので、そこにパッチテストの方法も記載されております。

パッチテストは、毛のはえている部分のごく一部分に少量の薬品を塗って、その後肌に異常が認められないかを確認するために行いますので、お肌トラブルを避けるためにも確実に行なうようしましょう。

よく読まれている関連記事
>> 自宅でできる脇の脱毛方法まとめ

PAGE TOP ↑