脇毛 抜く

*

脇毛を抜くのは、脱毛方法の中でも一番デメリットが多い

夏は女性の肌の露出が増える時季で、ムダ毛処理の季節でもありますね。

チューブトップやキャミソール、ノースリーブを着るとワキや腕が丸見えになります。

ホットパンツやミニスカート、水着になれば足も全見せです。

オシャレのため、綺麗に見せるために、そしてムダ毛を見せないというマナーのために、ムダ毛の処理はやらなければならないものです。

皆さんはどのようにムダ毛の処理をされていますか?

カミソリで簡単に済ませてしまう人は、最近ではあまり居ないのではないでしょうか。

毛が濃い人のカミソリ処理は、すぐにチクチクとした黒い毛が生えてくるので、毎日剃らなければいけないですよね。

毛を抜いた方が生えてくるのが遅いので、毛抜きで抜くという人が多いかと思います。

でも、あれって、大変ですよね。脇のムダ毛処理は特に。

毛を抜いている間はずっと手を上げていなければいけないし、脇を集中して見ているから目は寄り目になって疲れます。

痛いし、毛穴から血が滲むこともよくあるし、毛と一緒に柔らかい皮膚を摘まんでしまって、「うっ」と息を詰まらせることもあります。

脇は発汗がいい場所なので菌が繁殖しやすく、毛抜き処理によって傷ついた皮膚や毛穴から雑菌が入り込んで、炎症の原因になることもあります。

他の処理方法と比べて、生えてきた毛が皮膚に入り込んでしまう(埋没毛)の発生も増えてしまいます。

繰り返し抜く処理をしているうちに、毛穴が盛り上がってボツボツ・ザラザラした肌に…

さらに、皮膚をくすませる色素沈着(黒ずみ)の原因にもなり、デメリットだらけなのが抜くムダ毛処理です。

おすすめの脇毛処理方法は?

自宅でできる脇毛処理法には、剃る・抜く・除毛・脱毛器があります。

この中ではやはり、脱毛器が肌を傷つけることなく安全に脱毛できます。(詳しくは >> 自宅で出来る脇脱毛まとめ

脱毛というと「抜く」イメージが強いですよね。

確かに肌を抑えて引き抜くタイプの脱毛器がありますが、それでは「抜く」ことに変わりがありません。

最近の家庭用脱毛器は、エステサロンと同じ脱毛方式で毛根に働きかけて脱毛をするもので、使ってすぐに毛がなくなるのではなく、数回使っていくうちに毛がほとんど目立たなくなるというものです。

エステの出力よりは低くなっているので、個人が脱毛をしても肌を傷つけることはありません。

エステで脱毛をするのと同じく、光を当てた時にちょっと刺激を感じるようですが、十分に安全性は考慮されているので、安心して使えます。

(最近の個人用脱毛器は、細かくレベル調整できるので敏感肌の人でも大丈夫)

脱毛器は永久脱毛・減毛効果が高く、男女共に使え、全身使えるというのが従来の「抜く」脱毛器と違っていいところですよね。


実際に色々と試してきた中で一番おすすめできる脱毛器は、
こちらです >> 家庭用脱毛器 ケノン

 

PAGE TOP ↑