ムダ毛 抜く

*

ムダ毛処理 抜く方法について

ムダ毛処理で剃る方法と同じくらい多く行われている方法が抜く方法です。

ムダ毛を抜いて処理する場合の注意などをご紹介します。

ムダ毛は抜かないで処理

今や女性の3人に1人はワキのムダ毛を「抜いて」処理していると言われています。しかし、ムダ毛処理で抜くのは良い方法とはいえません。

ムダ毛を抜いて処理する方法は毛穴の周りに色素沈着を起こしたり、ムダ毛が角質の下をはったまま出てこない埋没毛を起こすことが多いからです。

家庭用の脱毛器などで処理すれば、ムダ毛が最初からなかったようにツルツルの肌に仕上がり、一度のムダ毛処理で2~3週間はもちます。

今話題の家庭用脱毛器 >> ケノン

ムダ毛処理のトラブル

どうしてもムダ毛を抜いて処理したい人は、トラブルを最小限に抑える注意をしましょう。

ムダ毛を抜いて処理した場合のトラブル、色素沈着(黒ずみ)は、ムダ毛を抜いた後、毛穴の中や入り口が傷つき、そこに雑菌が入って炎症が起こるのが原因。(> 脇の黒ずみの原因と対策

肌は上から表皮と真皮に分かれますが、本来メラニン色素は表皮にあるので、表皮の生まれ変わりとともに消えます。

しかし、毛穴に炎症が起きて表皮と真皮の間の境が壊れると、メラニン色素が真皮に落ち込んでしまいます。

すると真皮は表皮のように生まれ変わらないので、黒ずみやシミが定着してしまうのです。

埋没毛は、ムダ毛を抜いた時にムダ毛が途中で切れるのが一番の理由です。

途中で切れたムダ毛が再び表面に出てくるより前に毛穴に角質が覆いかぶさり、ムダ毛が出口をさえぎられしまうのです。(> 自宅で埋没毛を治す方法は?

ムダ毛処理のトラブルを防ぐには

ムダ毛を抜いて処理した場合のトラブル、黒ずみと埋没毛を防ぐには毛を毛根ごとしっかり抜くことがポイント。

入浴後の毛穴が開いているときに毛の流れに沿って抜くと、毛根から抜けやすくなります。

ただし、ムダ毛は湿った状態だと切れやすいので、タオルなどで十分に乾かしてからムダ毛処理をしましょう。

ムダ毛を上手に抜く方法

ムダ毛処理用の毛抜きは、刃の合わせがよく、毛をしっかりつまめるものを選びましょう。

最近は、ワキの処理もできるようになった電気式の抜毛器が人気ですが、抜毛器を使う場合はまずムダ毛を約5mmに切りそろえます。そうしないとムダ毛を上手につかめないからです。

あとは入浴後の毛穴が開いているときにタオルなどで十分に乾かしてからムダ毛処理すればOKです。

ムダ毛を抜いた時の注意

ムダ毛を抜いた場合は剃る場合や除毛剤を使う場合と違って、ムダ毛を抜いた毛穴が開いてます。毛穴の奥に傷があることが多いので、ローションなどを塗るのは2日以上後にしましょう。

毛穴に雑菌が入ると、炎症を起こす原因になります。ムダ毛を抜いた直後にプールや海水浴に出かけるのもやめましょう。泳ぎに行く場合はムダ毛を抜いてから2日以上後にします。

消毒薬を塗るのも良くありません。

ムダ毛を抜いたあとが赤くほてったら、冷たくて清潔なタオルを当てて冷やしましょう。

既に埋没毛がある人は、できるだけ皮膚科に相談しましょう。
自分で不潔な針を使って掘り出すのはやめたほうが良いです。

肌に負担をかけずにムダ毛処理するには?

ここまで抜く方法について書いてきましたが、正しい手順は思ってた以上に注意点が多かったはずです。

何も考えずに毛抜きでプチプチ抜き続け、あとあと肌や毛穴にトラブルを抱える人が増えています。

やはり、肌や毛穴への負担を考えると、抜く方法やカミソリで剃る方法はおすすめできません。

理想的なムダ毛処理は、肌を傷めることなく、そして頻繁に自己処理しないで済む方法です。

肌に負担がかかり、数日後にはすぐ生えてきてしまう、剃る方法、除毛クリームやワックス、そして抜く方法はあくまでも応急処置として考えておきましょう。

チクチク短い毛がすぐに生えてくると気になって、短期間で延々と処理し続ける必要があるため、肌や毛穴はトラブルを起こしてしまいます。

色々とメリット・デメリットを考えていくと、コスト的には避けられがちな家庭用脱毛器、脱毛サロン、クリニックがデメリットが少なく、長い目でみるとベストな方法です。

私は個人的に、エステサロンは接客が苦手でクリニックは高すぎるので家庭用脱毛器に落ち着いていますが、クリニックで全身を永久脱毛(完了まで50万~100万円程度かかる)しない限り、今年だけでなくこれからもずーっとムダ毛処理は続きます。

ミュゼなどのサロンでの脱毛は、時間が経てばまたムダ毛が目立ってくるので、露出が増える季節が来るたびに費用を払いながら通い続ける必要があります。

最終的に残るのが、最初に本体を購入してしまえば、たまにカートリッジの交換をするだけで、何年も使える脱毛器が一番コスパが良いことに。

最近の家庭用脱毛器は、スピード・パワーとも業務用に引けをとらないほど高性能なものも登場しているので、自宅で安全に簡単に、早くキレイにムダ毛処理したい方におすすめです。

詳しくは以前書いた >> 家庭用脱毛器によるムダ毛処理 をご覧ください。

記事では脇のムダ毛処理について書いていますが、足や手など他の部位のムダ毛処理にも当てはまる内容です。

よく読まれている関連記事
>> 自宅でできる脇の脱毛方法まとめ

PAGE TOP ↑