手足の永久脱毛

*

美肌を目指す女性のための「手・足のムダ毛」永久脱毛

女性がワキと同じくらい日常的にムダ毛処理している部分といえば、腕と脚だと思います。夏になれば、半袖やノースリーブ、ショートパンツやミニスカートでおしゃれを楽しみたいものですよね。

しかし、腕、脚を露出するときに気になるのが「ムダ毛」。体の毛の中では割と濃い部分なので、露出すると結構目につきます。

自己処理というとカミソリが定番ですが、腕や足は広範囲のため、誤って傷を作ってしまうことも…。ブツブツ毛穴にカミソリ負けでは、毛がなかったとしても幻滅してしまいます。

費用はかかりますが、クリニックやエステで永久脱毛してしまえば、毛穴はどこ?というくらいの美しい素肌が手に入ります。

脱毛したい箇所はどこ?

腕・足は女性が「永久脱毛したい箇所」の3位、2位に入っています。露出が多く目につきやすい場所であると同時に、非常に広範囲な部分なので処理が面倒というのが理由にあるようです。

クリニックやエステでのメニューを見ると、腕・足といっても実に様々なパーツに分かれています。腕は指、手の甲、ひじ下、ひじ上、足はひざ上、ひざ、ひざ下、足の甲、指等です。

腕や足は広範囲になるため、全部永久脱毛しようとするとかなり高額になります。お金や時間に余裕があるなら良いですが、金銭的に制限がある場合は、カウンセリングや体験脱毛に行く前に、自分が特に気になるパーツをあらかじめ決めておく必要があります。

この機会に、自分の手足としっかりにらめっこしましょう。

意外と見られている甲と指

上で、脱毛時には実に細かくパーツが分かれていることをご説明しましたが、その中に「甲・指」があることに驚いた人もいるかもしれません。言われてみれば、手足の中で一番目につく場所です。

特に手の甲・指は一年を通じて露出している場所ですし、物を渡すとき、話しをしているとき等、何気なく見られています。接客業をしている人は非常に気になる箇所だと思います。結婚式等で指輪をはめてもらうときにも…気になりますね。

足の甲・指も裸足になったとき、サンダルやミュールを履いたときには本当に気になると思います。折角ペディキュアをしてかわいくしていても、毛がちょろりと生えていれば一気に幻滅です。

気になる箇所ですが、範囲が狭いためエステでは1万円以下の安価で行っているところもあります。比較的手軽に行える箇所といえるでしょう。

脱毛の方法レーザー脱毛

クリニックではレーザー脱毛と電気脱毛、エステでは光脱毛(IPL脱毛とかフラッシュ脱毛等とも呼ばれますが、どれも同じです。)と電気脱毛を行っています。

レーザー脱毛と光脱毛のしくみは基本的に同じです。メラニンに反応するレーザーや特殊な光をあてて、毛根を焼きます。

一度に広い範囲に施術することができるので、短時間で済み、痛みも少ないのがメリットです。医療レーザーの方が出力は大きく効果があるとされていますが、最近は光脱毛もかなり性能が良くなってきているようです。

メラニンに反応するので、日焼けは厳禁です。また、ホクロが多い、シミや火傷の跡等がある、といった問題を抱えている人は、トラブルを避けるためにもクリニックを選んだ方が良いでしょう。

脱毛の方法電気脱毛

もう一つの方法が、電気脱毛(針脱毛ともいいます。)です。電気脱毛は、毛穴に極細の針を指し、電気を流して毛根を焼く方法です。

1本1本行うので確実に脱毛でき、「永久」に脱毛できる方法とされています。しかし、時間と手間がかかり、その分費用も高くつきます。また、痛みも強いとされています。

クリニックの場合は絶縁針を使用するので火傷が少なく、厳しい脱毛士の資格を持っている人しか施術できません。痛みが強い場合は麻酔もできます。

しかし、エステの場合は普通の針を使用するので火傷や色素沈着のリスクが大きく、また資格は必要ないので技術力がない人が行うこともあります。電気脱毛は施術する人の技術力が重要ですので、できればクリニックで受けることをお勧めします。

レーザー脱毛や光脱毛で広範囲に処理し、どうしても処理しきれなかった部分だけ電気脱毛する人もいます。

クリニックとエステの相違点

脱毛は美容分野では人気のカテゴリーで、今や脱毛専門のクリニックやサロンまであります。では、クリニックとエステの相違点とは何でしょうか。

一つには、資格がいるかいらないか?といった部分があります。クリニックは当然医師の資格を持った人がいますが、エステは資格も届け出もいりません。

また、クリニックの場合医師がいるので、万が一医療措置が必要となった場合に安心です。ただ、最近は医療機関と連携しているエステもあるようです。

医療機関でも脱毛は自由診療になるので価格はピンキリですが、一般的にクリニックの方がエステよりも料金が割高の傾向があります。

安全性と確実性を求めるならクリニックですが、比較的手軽な価格での施術を求めるならエステ…といったところでしょうか。

クリニックの方が安全性は高いといわれていますが、医療機関の中では美容外科関連は他の科に比べてトラブルが多いというのも事実です。

脱毛は自由診療なので、施術費が非常に高額になります。そのため、脱毛の技術が高くないのに利益目当てで開業する医師も多くなります。

クリニックだから技術面は大丈夫だろうと安心せずに、実績、技術力の高さ、設備の充実度、衛生面などを口コミやカウンセリング等で確認しましょう。

また、カウンセリングの際には費用が総額でいくらかかるのか明確にしてもらいましょう。また火傷等のトラブルが起こった場合どのように対処してもらえるのか、アフターケアは万全かどうかも確認しましょう。

こちらの疑問に対して誠実に答えてくれるかどうかは重要なポイントです。

エステを選ぶときの注意点

上でも述べたように、エステは資格も届け出も必要ありません。そのため、テレビCMを大々的に流すような大手から、個人で経営している小規模店まで、膨大な数のエステが存在しています。

しかし、店の規模に関わらず倒産が多いのがエステです。大手だから倒産しないという訳ではありません。脱毛はある程度の期間が必要になりますので、その間に倒産されたら泣き寝入りすることになります。

自分が気になるサロンを見つけたら、設備や技術力は勿論ですが、営業年数、営業実績もきちんと確認しておきましょう。

また、クリニックと同様、費用についても追加料金がないか等しっかりと確認しましょう。万が一火傷等のトラブルが起きたときも、どのように対処してもらえるのか説明してもらいましょう。

それから、エステといえば気をつけなければならないのが「勧誘」です。

エステの勧誘は非常にしつこく、ときには複数人がかりで、強引に高額なコースや化粧品を勧めてくることがあります。

社会的にも大々的に取り上げられることが多くなったので、あまりにも勧誘がしつこい店は淘汰されていき、最近少しは良くなっているようですが、気をつけましょう。

WEBサイトなどで「勧誘しません」と明記してあるところが安心でしょう。

それでももし勧誘を受けてしまったら、「主人に相談しないと決められない」「他のサロンと比較したいので今日は帰ります」等と言って断りましょう。

お金があり、自由度が高い身分ほどカモにされやすいので、お金がなく、決定権も自分にないことを匂わせる方が諦めてもらえます。

副作用とアフターケアについて

どんなに優良な施術機関でも、火傷や色素沈着などの副作用が起こる可能性はあります。「うちでは起きたことがありません」などというところは怪しいです。それよりも、対処方法が丁寧であるところを選ぶべきでしょう。

それから、施術後のアフターケアも大事です。とにかく保湿をきちんと行うことが重要です。肌が潤っていれば、次の施術のときの痛みも少なくなりますし、毛穴も目立たなくなります。

その際、高額な化粧水やジェルを使う必要はないのです。安価でも、刺激の少ないクリームやオイルなどで十分です。また、施術期間中も自己処理が必要になりますが、そのときは電気シェーバーを使用するようにしましょう。

ツルツルの手足で露出もどんとこい!となればおしゃれも楽しくなりますね。永久脱毛で美肌を手に入れ、冬でも露出したくなるような手足を目指しましょう。

よく読まれている関連記事
>> 自宅でできる脇の脱毛方法まとめ

PAGE TOP ↑