脱毛 多汗症

*

脱毛後に多汗症の症状が出た?

多汗症と脱毛後についての悩みは一見関係が薄いようですが、エステなどで脇の下を施術した脱毛後については、多汗症の悩みを抱える人が増えてきているといいます。

多汗症と脱毛後についての関係は今のところはっきり解明されているわけではありませんが、脱毛後に多汗症を発症してしまう理由には、現在のところ二つの原因が考えられています。

一つ目はレーザー脱毛治療などによってエクリン汗腺が刺激され、活動が活発化して汗が多くなってしまうのではないかというものです。この場合は一般的な多汗症の治療方法が施されることになります。

多汗症と脱毛後についての関係でもう一つ考えられるのは「精神性発汗」で、脱毛することによってかえって意識が脇の下に集中してしまい、一時的にでも汗の量が増えてしまったらそこから精神的な緊張が起こり、さらに汗が多くなってしまうというものです。

脇の下というのは普段ではあまり意識をしないところですが、脱毛をしたことによって脇の下に意識が集中してしまうのです。

このケースで多汗症に悩みを抱えることになってしまった人の治療には、まずはメンタル的なケアが必要となってきますが、ボトックス注射も効果的です。

脱毛後の多汗症については、脱毛したことによるものだという多汗症の原因がはっきりしています。

通常ポトックス注射は半年程度しか効果が得られず繰り返し行わなければいけませんが、脱毛後の多汗症の場合は、一定期間汗が減るだけで安心し自身がついて、一回の注射で回復することも多いようです。

よく読まれている関連記事
>> 自宅でできる脇の脱毛方法まとめ

PAGE TOP ↑