脇毛 薄く

*

脇毛を薄くする方法

自宅でできる脇毛の処理法はたくさんあります。カミソリで剃る、毛抜きで抜く、除毛クリームで溶かすなど脱毛をする人も多いですが、ムダ毛を薄くする方法で処理している人も多いようです。

豆乳ローション

ワキ毛を薄くする方法のひとつが、豆乳ローションです。

なぜ、豆乳ローションはムダ毛を薄くする効果が期待できるのでしょう?

女性でも男性ホルモンが多いと、ムダ毛が多かったり、色が濃い場合があります。女性ホルモンのことをエストロゲンと呼びますが、エストロゲンが増えると男性ホルモンの働きは弱まり、ムダ毛が減り、薄くなる可能性があります。

実は、豆乳ローションに含まれる大豆イソフラボンという成分は、女性ホルモン(エストロゲン)に非常に良く似た働きを持つといわれています。

エストロゲンに似た大豆イソフラボンを肌に塗っていくことで、徐々に男性ホルモンの働きは弱まり、ムダ毛が薄くなっていくのです。

豆乳ローションは、ムダ毛に悩む多くの女性から支持を集めており、ムダ毛を薄くするにはかなりの効果が期待できる方法といえるようです。ただ、一方で豆乳ローションを使用したら、ムダ毛は薄くなったけれど肌が荒れてしまったという人もいるようです。

ムダ毛の処理の後は特に肌が敏感になっているので、豆乳ローションが自分の肌にあっているかどうかあらかじめテストを行って、使用することをおすすめします。

脱色

もう一つの方法は、脱色です。色を薄くするだけでも、ムダ毛が気にならなくなる場合があります。

色を薄くする方法ですが、髪の色を脱色する脱色剤を用いて、ワキのムダ毛を処理している人が多いようです。

処理は簡単で、髪の色を脱色する時と同じように、薬剤をワキのムダ毛につけて色が薄くなるのを待つだけです。

カミソリなどで脱毛すると次の毛がすぐに生えてきてしまい、頻繁に処理を行わなければなりませんが、この方法だとしばらくは処理をしなくていいので便利です。

しかし、ムダ毛を薄くする方法には、デメリットもあります。髪の毛用の薬剤はとても刺激が強く、ワキの皮膚は柔らかく刺激に弱いので、ムダ毛を処理した後に肌が炎症するなどトラブルを招く恐れがあります。

せっかく毛が薄くなっても、他の悩みをうむ方法であれば意味がありません。

特に、敏感肌の人は注意が必要ですが、必ず皮膚の一部でテストをして処理するようにしましょう。

また、髪の毛と同じで、一度ワキの毛の色を薄くしてもしばらくしたら再び毛が生えてくるので、放置しているとプリンのように根元だけ黒くなってしまい、逆にムダ毛が目立ってしまいます。

新しいムダ毛は延々に生えてくるので、そのたびに肌に負担をかけながら処理し続ける必要があります。

肌に負担をかけずに自宅で根本からムダ毛処理するなら >> 家庭用脱毛器 がおすすめです。

よく読まれている関連記事
>> 自宅でできる脇の脱毛方法まとめ

PAGE TOP ↑