グルコサミン 効果

*

グルコサミンの働きと効果

グルコサミンが不足するとどうなる?

グルコサミンは人間の体に重要であり、人間の体のいろいろなところで働いていますが、年齢を重ねていくうちに、減少してしまう成分でもあります。産まれたときから比べたら、20歳代には半分、50代ともなると2割程度にまで減少してしまうのです。

グルコサミンは体の関節部分、軟骨にたくさん存在していますが、年齢とともにグルコサミンが減少していくと体に様々な弊害をもたらします。一番の弊害は、やはり膝や肘に現れます。グルコサミンは骨と骨を守るクッションの役割を果たす軟骨部分に多く存在している成分です。そのクッションのもとになるグルコサミンが減少していくことで、骨同士が摩擦してしまい、痛み、炎症などを引き起こしてしまいます。

グルコサミンが不足するということは、イコール、軟骨が不足している状態ということです。年齢を重ねていくうちに、歩くと膝が痛い、立ち上がる時にひざが痛い・・・という症状がてくる人が多いのですが、ほとんどの場合、グルコサミンの不足による弊害なのです。

この痛みや炎症は、変形関節症となり、日常生活に支障をきたすほどの症状となっていきます。ひどくなってしまうと歩くことはおろか、立つこと、正座をすることなどもできなくなってしまいます。通常、体の中のグルコサミンの量が、1/5くらいになると、グルコサミンの不足による炎症や痛みが発生するといわれています。変形関節症にならないように、早めの対処が必要となるのです。

グルコサミンと加齢

グルコサミンは人間の体内にもともとある成分です。関節の軟骨部分を形成する重要な成分で、コンドロイチンやコラーゲンと一緒に生成されるものです。グルコサミンが配合されているサプリメントなどの成分を見ると、一緒にコラーゲンやコンドロイチンが含まれていることが多い・・ということに気がつくと思います。

コラーゲンもコンドロイチンも、そしてグルコサミンも、年齢と共に減少して行く成分です。ですから今、これらの成分が注目され、サプリメントなどで積極的に摂取することがすすめられているのです。

グルコサミンは産まれるときに既に体内にあるものですが、20代には産まれたときの約半分。50代になるとさらにその半分・・・という感じで減少していきます。加齢とともに徐々に減少していく成分なのです。年齢を重ねるごとに、グルコサミンが減少し、軟骨が減っていくことで、膝などの関節部分に痛みを感じることが多くなり、ほうっておくと変形関節症や保水力低下によって肌のしわやたるみの原因ともなるのです。

肌にもたくさんのグルコサミンが存在していて、特に、コンドロイチンやヒアルロン酸になるまでの生成過程で作られるN-アセチルグルコサミン6リン酸の代謝量が加齢とともに著しく減少していくことが分かっています。肌のためにも、膝などの軟骨のためにも、グルコサミンやコラーゲン、コンドロイチンを積極的に摂取する重要性がよくわかりますね。

 グルコサミン不足による変形関節症

グルコサミンは骨と骨のクッション役である軟骨の成分で、歩いたり走ったり、立ち上がったり・・・など、関節を使う動作を行うときに、骨同士が摩擦しないようにしています。軟骨がなくなってしまうと、人は痛みで歩くこともままならない生活になってしまいます。

グルコサミンが減少し、歩くことなどに支障が出るようになった病状を、医学的には変形関節症と呼びます。この変形関節症は、一気に病状が悪化するものではなく、徐々に・・少しずつ病状がひどくなっていく病気です。膝だけではなく、肘や腰、股関節など、関節部分すべてにおこる症状ですが、やはり一番症状が出やすい場所が、膝関節です。

膝は、人間の重い頭と上半身を支えています。生まれて歩くようになってからずっと、膝は酷使されているのです。その膝を守っているのが、軟骨、グルコサミンで出来ている部分です。グルコサミンが減少することによって、骨同士が摩擦し、ひどい痛み、また炎症などを引き起こし、変形関節症になってしまいます。

変形関節症になり、痛みや炎症をそのまま放置しておくと、膝ばかりではなく、ひじ、腰、股関節などのあらゆる関節に痛みが出てくるようになります。そうならないうちにグルコサミンを継続的に摂取して、膝や肘などの炎症を食い止めることが必要になるのです。今は、グルコサミンのサプリメントなどがどんどん登場していますので、毎日継続的に摂取していきたいものですね。

グルコサミンとリウマチ

グルコサミンの不足で起こる症状、病気は、変形関節症ばかりではありません。リウマチという病気も、変形関節症同様、グルコサミンの補給を必要とする病気、症状なのです。リウマチになると手指や脚、手首の関節の腫れが起こり、徐々にこわ張りが始まり、良くなったり悪くなったりを繰り返すことが多い病気です。数か月でよくなることもあれば、ずっと症状を繰り返すこともあります。

リウマチになってしまったら、グルコサミンの補給と同時に、免疫のバランスを正しく整える治療が必要になります。リウマチと変形関節症は、同じように関節に痛みを伴いますが、リウマチの場合、自己免疫疾患です。変形関節症とは根本的に違う病気になります。ただ、グルコサミンが不足することによって症状が悪化してしまうので、グルコサミンを積極的に摂取することが必要となるのです。

リウマチは免疫異常の炎症が病気の原因です。変形関節症と同じく、専門的な治療が必要となりますが、グルコサミンを継続的にまた積極的に摂取することによって、症状も和らぎますので、サプリメントなどを利用しながら治療することが望ましいでしょう。

グルコサミンが不足することによる病気、症状、また別のリウマチのような病気にも関係してくるグルコサミンは、普段から日常的に摂取しておくことが大切になるのです。若いから大丈夫・・・ということではなく、若いうちからグルコサミン不測の予防を行うことが重要です。

腰の痛み

グルコサミンは軟骨を生成する成分です。グルコサミンは膝の痛みや炎症に利用されていますが腰の痛みや炎症などへの効果も注目されています。腰の骨と骨の感覚は、加齢とともに狭くなっていきます。腰の骨のクッションが徐々に失われ、腰の骨がこすれるように接触することで、痛みや炎症を引き起こすのです。

腰の脊椎を連結している椎間板にある軟骨が、徐々に消耗し、腰痛などの弊害を起こす、ということです。腰痛の原因は人によっても様々ですが、椎間関節の軟骨がすりへって痛みを発症することも多く、その際にグルコサミンの摂取が良いとされています。

グルコサミンは関節で重要な役割を発揮しますが、消耗した軟骨を再生するという力もあります。また腰の痛みを感じたとき、ヒスタミン等の痛みのもとになる物質がつくられてしまいますが、これに対抗する成分がグルコサミンなのです。腰の軟骨がすり減っておこる腰痛や炎症には、積極的にグルコサミンを摂取していくことがオススメです。

腰の痛みが、椎間板ヘルニアなどで起こっている場合には、また違った治療になってきますので、腰痛の原因が何からきているのか?ということを、しっかり医師に診断してもらうことが大切です。もし、椎間関節の擦り減りのよる痛み、炎症であれば、グルコサミンを継続的に摂取してみましょう。痛みの緩和、症状の緩和につながります。痛みはほうっておいても悪化するだけです。しっかり治していく気持ちも大切です。

関節の痛み

よく、おじいちゃんやおばあちゃんが、よっこらしょ!と立ち上がる時、「いてててて・・・」と膝に手を当てる姿を見たことがあるでしょう?また階段を登るときに、しんどそうにしている姿もよく目にします。年齢を重ねていくごとに、関節のクッション役であるコンドロイチンが減少し、軟骨が減っていくことで起こる痛みです。

グルコサミンなどの成分は、骨と骨と間に軟骨として存在し、骨同士が摩擦しないようにサポートしてくれています。でも、年齢と共に減少するグルコサミンなどの成分によって、徐々に痛みや炎症を起こしてしまうのです。またご高齢者以外にも、運動などによって膝などを酷使し続けると、軟骨の生成が間に合わず、膝の痛みや炎症、それによる病気を引き起こすことがあります。

今は、グルコサミンのサプリメントなどがドラッグストアなどで気軽に手に入るようになりました。グルコサミンを継続的に摂取することで、これら膝の痛みなどを緩和することが知られています。できれば、食べ物でグルコサミンを摂取したいものですが、グルコサミンの1日の必要量を、食べ物で摂取しようと考えても、なかなか難しいものです。

そこで、痛みや症状の緩和に、皆さんグルコサミンのサプリメントを利用されているのですね。年齢を重ねる前、若い時から、グルコサミンを継続的に摂取することで、痛みなどの症状の予防となり、また痛みが出ている方が摂取することで、痛みなどの緩和に役立つのです。

新陳代謝アップ

グルコサミンは、血小板機能に対する効果があるということも報告されています。グルコサミンの血小板機能に対する効果は、血小板内のカルシウムの動員、トロンボキサンの合成阻害による血小板凝集抑制、また顆粒成分の放出などの効果があると報告されています。

血小板の凝集作用というのは、血液の流れをドロドロからサラサラにするという作用です。生活の不摂生、脂の多い食べ物の摂取が多くなった現代人の生活習慣による病気が懸念されていますが、血液がドロドロになることによって、血管が詰まったり血管が細くなったりという病気もあります。

グルコサミンは血液の流れを良くするという作用があると報告されていますから、成人病の予防などにも効果が期待されるのです。血液が流れにくく、どろどろになった状態からおこる病気として知られているのが、動脈硬化や脳こうそくなどです。現代人にとても多くなっている病気ですね。重大な後遺症などを引き起こす可能性のある病気です。命の危険性も考えられる病気です。毎日の食生活の乱れや、水分の不足、様々な原因が考えられる病気ですが、グルコサミンを摂取することによって、これらの予防ができると期待されているのです。

血液をサラサラにすることによって、血液の流れがよくなれば、新陳代謝のアップにつながります。病気の予防だけではなく、むくみ予防や美肌への促進、さらにダイエットを行っている方にも効果が期待されるグルコサミンです。

美肌効果

グルコサミンやヒアルロン酸、コラーゲンなどの成分が配合されたドリンクやサプリメント、また化粧品などもたくさん登場しています。昔聞くことのなった成分による新しい製品は、今、エステ、医療関係者、美容製品開発を行う方々に注目されている成分です。

グルコサミンは膝関節などの軟骨の痛みや炎症によく効くということが言われていますが、美肌効果も期待できるのです。みずみずしい肌を作るために必要なヒアルロン酸。ヒアルロン酸も、もともと人間の体に存在している成分です。しかし、このヒアルロン酸も年齢とともに減少していく成分で、ヒアルロン酸が減少することによって、皮膚の水分が減少してしまい、たるみ、しわなどの原因となってしまうのです。

ヒアルロン酸が少ない肌は、乾燥しがちで、それがしわやたるみのもとになります。このヒアルロン酸の原材料となっていうのが、グルコサミンなんです。グルコサミンもヒアルロン酸も、コラーゲンも、関節などの軟骨、また皮膚の生成などに欠かせない大切な成分なんですね。

グルコサミンやヒアルロン酸、コラーゲンを積極的に摂取したことで、肌がぴちぴちと若返った、たるみが気にならなくなった、しわが減ったよう・・と感じる方は多く、実際に美容系のサプリメントでも、グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸系のものは、人気が高いのです。食べ物からなかなか1日に必要な量を摂取しにくい成分ですから、サプリメントなどでしっかり補給したいものですね。

グルコサミンサプリメントの選び方

PAGE TOP ↑