20代 スキンケア

*

20代のスキンケアポイント

25歳がお肌の曲がり角と言われた時代もありました。しかし、食生活や環境の変化により、成長が驚くほど早まり、女性の体の老化も早まっています。

このような、時代の中、自分の肌の状態を良く知り、肌年齢を実年齢よりも若く保ちたいですね。この時期のケアで、今後10年後いや5年後のお肌は変わってきます。

10代 思春期 10代のターンオーバーの平均値は、約20日

ホルモンの分泌量が急増し、とても不安定な状態です。
肌の構造的な発育がひと通り終わるのが、10歳前。
その後、ホルモンの影響により徐々に女性らしい柔らかな肌になっていきます。

ただし、ホルモンの分泌が不安定なため、皮脂分泌量が急増し、ニキビが出来やすくなります。皮脂の分泌が活発な時で、皮膚のテカリが気になり、ニキビや吹き出物が出来やすい時期です。

20歳~ 美肌黄金期 20代のターンオーバーの平均値は、約28日

ホルモンのバランスが安定。
その影響により、表皮の水分量や真皮のコラーゲンの整列状態などが適正になります。
この時期は、最も肌が美しいとき。ただし、このピークは長くは続きません。

25歳~ 初期老化期

目に見えない細胞レベルでの老化がスタート。
25歳ぐらいから、細胞レベルでの老化がひそかに進行。

新陳代謝のスピードが低下し、肌ダメージの修復が遅くなります。そのため、以前に比べてキメが粗くなる、メイクののりが悪くなるなど、ちょっとした不調が気になりがちに。

 

20代のケア・・・【洗顔】に注目!

洗顔を丁寧に行いましょう

顔だけでなく、背中や胸も皮脂の分泌の多いところなので、注意しましょう。
30代・40代のお肌の基礎作りの時期です。ここで、ニキビ跡を残すと、一生悩みの種に。

クレンジングを選びましょう

オイルクレンジングは、化粧や肌の汚れを十分に取ってくれるイメージがありますよね。
その認識、あっていますか?

オイルクレンジングを行った後の顔はベトベトですよね。
そのオイルを落とすために使用する、洗顔料は、かなりの洗顔力が必要となってきます。

お肌を痛める原因になってしまいますので、「界面活性剤」を使用せず、高品質なアミノ酸を使用してジェル化しているクレンジングを選びましょう。

PAGE TOP ↑