30代 スキンケア

*

30代のスキンケアポイント

35歳~ エイジング期 30代のターンオーバーの平均値は、約40日

肌の衰えが表面化してきて老化ダメージを実感。
水分保持力が低下し、肌がカサツキやすくなります。

さらに、新陳代謝も衰えるため、老廃物の排出が滞りがちに・・・
また、真皮層では、肌の弾力を保っているコラーゲンの生成力が衰え、シワやたるみが起こりやすくなります。

30代は、お肌が徐々に刺激に対して弱くなってきます。
20代と同じケアをしていてるのに、お肌が落ち着かないという方いませんか?

この時期から、肌年齢と実年齢に大差が出てくるんです。

また、水分保持力が低下し、カサツキを実感しはじめるので、「私は乾燥肌になっちゃた」と思い違いもしやすい時期です。
その思い違いにより、油分の多いクリームの使用を開始する方もいるでしょう。

しかし、それが大きな落とし穴です。
本当に皮脂の分泌が少なくなってくるのは、30代後半からです。
30代では、まだ分泌していますから、過剰な油分が汚れを呼び、トラブルの原因になってしまいます。

 

30代のケア・・・【化粧水+美容液】に注目!

口のまわり、目元など部分ごとにカサつきを感じ出しますので、毎日同じ分量の化粧水ケアでは物足りなさを感じるはず。
それは、目元、口元は年齢を問わず皮脂線が少ないからです。

しかし、まだまだ皮脂の分泌も活発なのでは・・
顔全体に毎朝同じ量の化粧水と美容液のケアをしていては、NGです。

朝の肌のコンディションを確認し、化粧水で肌を潤わせ、カサつきを感じる部分に、美容液を補充するように。
また美容液を携帯し、メイク直しの時にカサつく部分をケアしてみてはいいかがですか?

PAGE TOP ↑