脇 黒ずみ

*

脇の黒ずみの原因と対策

このページの目次

ワキの黒ずみの原因

~まずは色素沈着のメカニズムの理解から~

正しいケア方法を知る前に、まずは黒ずみの原因となる色素沈着のメカニズムをきちんと理解することから始めましょう。

色素沈着は肌に刺激を受けることでメラニン色素が反応して起こります。

メラニンというと、シミなどの原因になる邪魔者というイメージがあるかもしれませんが、実際には外部からのダメージを守るために働くものです。

つまり、脇の肌への刺激を守ろうとして起きている正常な反応なのです。

脇の下への刺激とは、主に次の3つです。

脇毛の自己処理による刺激

カミソリ、毛抜きなど脱毛時の刺激が肌への負担となりメラニン色素が沈着します。

脇の下の擦れ(摩擦)による刺激

脱毛されて脇にベールのない状態で腕を動かすなど、肌が直接こすれ合った時の刺激によりメラニン色素が沈着します。

脇の肌乾燥による刺激

自己処理や擦れなどが重なると肌のキメがくずれた状態になり乾燥しがちです。

乾燥が引き起こす痒み、汗をかいた時のチクチク感のような刺激がメラニン色素を反応させます。

つまり、このような刺激を脇の下の肌に与えないことで黒ずみができるのを防ぐことができます。

ワキの下の黒ずみ対策

~肌への刺激・摩擦・乾燥は避けましょう~

脇の肌への刺激をおさえる対策を具体的に考えてみましょう。

脇毛の処理はカミソリ・毛抜きを避ける方が無難

カミソリ、毛抜きは脱毛道具として手軽です。しかし家庭での脇毛処理で一番肌への刺激が少ないのは「家庭用脱毛器」です。

その次がカミソリで一番良くないのは毛抜きです。ですので、カミソリ、毛抜きを使うのは避けたいところです。

とはいうものの、「家庭用脱毛器」は購入に費用がかかるのも確かです。

どうしてもカミソリを使う場合には肌が乾燥した状態で使うのではなく、専用のシェイビングジェルや泡立てたソープと一緒に使い、軽く剃る程度にとどめておきます。

肌を痛めにくい機能のある良いカミソリを使うことも重要です。

毛抜きは毛根へのダメージが強すぎますので、使わないようにしましょう。

脇の下の摩擦を減らすには保湿が重要

しっかりと保湿がされた肌同士というのは、乾燥した肌同士よりも擦れ合った時にテンションがかからないのは周知の事実ですね。

どうしても脇の下の肌は擦れ合ってしまいますので、しっかりと保湿をすることが重要です。

そのためには脇の保湿ができるケア用品・化粧品を使うことがおすすめです。

脇の乾燥を避けるために、保湿をする

脇の摩擦を減らすことにも共通しますが、乾燥を避けるにはしっかりと保湿をすることが大切です。

また脱毛した後の肌の表面はキメがくずれて乾燥しがちです。

保湿はターンオーバーを質の良いものにするためにも必須です。

やはり保湿化粧品を使い、きちんと脇の下の肌を整えることが重要です。

ワキの黒ずみ解消アイテムをご紹介

お肌の黒ずみ改善は、長くケアを続けることがポイントですが、エステに行くようでは費用がかさみ、途中で断念せざるを得なくなりますね。

自宅で気軽に長く続けるのにはぴったりなアイテム「薬用アットベリージェル」なら、おうちでエステといっても過言ではないほど美容成分をタップリ配合!

脇の黒ずみケアに有効な「美白・保湿」が期待できます。

商品詳細と口コミ(300件以上)はこちら
公式サイト >> 薬用アットベリー

内容量は約1ヶ月分の60g
at75
とろみ&弾力のあるジェルクリーム
at710

アットベリーの効果を分かりやすく解説

黒ずみの原因であるメラニンの生成を抑制し、肌の奥に押し込め、黒い色を目立たなくする。

その間に、乱れた肌のターンオーバ(肌の再生)を促すことにより、肌表面が健康でキレイな状態に生まれ変わります。

既にできてしまった黒ずみをケアしながら、黒ずみの再発を防ぐために肌に潤いを与え、しっかり保湿。

潤い成分により、乾燥や摩擦などの刺激から肌をガードすることによって、黒ずまない肌へと導きます。

※アットベリーは「二の腕のブツブツ」ケアや、ひざ、ひじ、太もも、ビキニライン、くるぶし、お尻、小鼻、首筋、乳首、顔や目元まで幅広く色んな部位の黒ずみケアに使えるそうです。

使い方は簡単!

美容成分タップリのぷるぷるジェルを1円玉大にとって両脇に塗るだけ。

at724
写真を撮るために手の甲に1回分を塗った直後の肌の状態。少しヌルヌルしてます

atb07
約2分間、自然乾燥させた肌の状態。厚く塗ってもスーッと浸透してくれます

乾いたあとはベタつきもなく、肌が薄いベールで覆われているような感じです。この効果で乾燥や刺激から肌を守ってくれるんですね。

ここが人気のポイント

黒ずみケア用として販売されている商品は、ほとんど一度塗りが前提ですが、アットベリーはより高い効果が期待できる2度塗り処方。

湯上がり肌にまずは浸透用に1度、さらに黒ずみの大敵、乾燥や刺激から肌を守るためのガード用にもう一度、2度塗りしてもベタつかずサラサラな使用感です。

※2度塗り前提なので、類似品と同じ価格帯で容量が約2倍!高い効果も期待できコスパも良いんです。

口コミを確認する >> 薬用アットベリー

どんどん脇の肌が明るくなるその秘密を探ってみましょう

アットベリーの美容成分で肌の再生力を効果的にアップ

色素沈着して黒ずんだ肌は、乾燥や刺激などが原因でダメージを受け「肌の再生力」が低下した状態。

※肌の再生力=肌の再生サイクル=ターンオーバー

アットベリーの最大の目的は、配合した成分の働きで、肌の再生力をUPさせること。

肌表面のバリア機能を正常にし、ターンオーバーの乱れにより黒ずんだ肌の健康を取り戻します。

ナノ化美容成分が肌の奥まで浸透、内側からもぷるぷる肌に

ターンオーバーが乱れ、ごわごわになってしまった厚い角質にもきちんと美容成分が浸透するように開発された薬用アットベリー。

一般的な保湿化粧品が実現しづらい肌の角質層まで、美容成分をぐんぐん浸透させます。

お肌に優しい低刺激

アットベリーでは、「パラベン・合成界面活性剤・無鉱物油・合成着色料・アルコール」これらお肌に負担をかけると言われている成分を使用していません(無添加)

黒ずんだ肌はとても敏感でデリケートになっています。

できるだけ刺激から肌を守り、再生力を妨げないように工夫しています。

脇の黒ずみ改善にリスクのあるものは取り除くことにこだわり、毎日使い続けられるようにしたジェル。敏感肌の方でも安心して使用できます。

脇のニオイにも効果的 天然ビタミンEや桑エキスで雑菌を抑える

汗自体は無臭ですが、時間がたって汗に雑菌が繁殖することでニオイが出ます。

このいやなニオイを抑えてくれるのも嬉しい効果です。

天然ビタミンEと合わせて植物成分のグリチルイチン酸2Kと桑エキスが抗菌の役割を果たします。

制汗剤スプレーなどは複合体の重金属で肌にダメージを与えますが、アットベリーなら肌に潤いを与えながらニオイを抑えることができるのです。

口コミでも大変好評のアットベリーは、乱れた肌の再生力を取り戻し、保湿し続けることでよいターンオーバーを導きます。

こうしてケアされた肌はどんどん生まれ変わり、黒ずみは改善されていきます。

安心の満足保証制度付き

公式通販サイト限定で、購入後60日間の満足返金保証が付けられています。

ターンオーバーを改善させる時間をしっかり設けていますし、お肌に合わないかどうかの判断もできるのは嬉しい特典ですね。

黒ずみケアは対処が早ければ早いほど、肌は早く元気を取り戻します。

一日も早いケアをスタートさせましょう。

お得な公式通販サイトはこちら
>> [公式]薬用アットベリー

 

脇の黒ずみ・ブツブツを自宅でケア!
薬用アットベリー

 

よく読まれている関連記事
>> 自宅でできる脇の脱毛方法まとめ

PAGE TOP ↑