体臭対策 酢

*

酢が体臭に効果。体臭対策におすすめ

体臭対策の方法として、いろいろな種類がすでに紹介されています。そこでここでは、自宅で手軽にできる体臭対策をひとつご紹介します。

それは、お酢を使って行う方法です。

人が日々の活動をしていくためには、エネルギーがないといけません。活動するために必要なエネルギーは、クエン酸回路という方法で作りだされています。

いつもクエン酸回路がうまく機能していればいいのですが、ちょっとしたことがきっかけで、クエン酸回路のバランスが崩れることがあります。ストレスや食生活の乱れが原因で、酸素が体内で不足することが要因とされています。

すると解糖系と呼ばれるもう一つの回路を使って、エネルギーを作り出そうとします。ただし解糖系の場合、糖を使ってエネルギーが生成され、汗に大量の乳酸を含ませてしまいます。するとアンモニアの生成される量が増加をしてしまい、体臭を強くしてしまう可能性があるのです。

そこでお酢を積極的に飲むのです。お酢はもともとクエン酸が主成分ですから、お酢を摂取することで、クエン酸回路を正常に働かせることができます。

お風呂にお酢を入れるのも効果的

体臭予防の基本は毎日のお風呂です。汗をかいた体を清潔にすること、なんですね。仕事で疲れているし、汗もかいていないし今日はお風呂はいいやと思うこともよくある事でしょう。

しかし、たった一日でも身体や頭にはたくさんの汚れがついてしまうため、自分では気付かなくても周囲に嫌な匂いをさせてしまう恐れがあるのです。

体臭を予防する基本方法は、お風呂に入り毎日身体や頭を洗う事です。風邪を引いたりしている時は無理に入る必要はないのですが、蒸しタオルで身体を拭いたりするだけでも体臭予防にはとても効果があります。

お酢を飲むのがどうにも苦手、という人は、お風呂にお酢を入れるのも効果的とされています。お酢の入ったお風呂に入浴することで、血行を促進することができるほか、殺菌効果も期待することができます。

体臭の原因となりやすいものとして、汗と細菌が結びつくことがあげられます。

お酢の入ったお風呂につかることで、細菌の絶対数を減らすことができます。このため、体臭の起きる環境を最小限に食い止めることができます。

それと、体臭を気にしすぎて力を入れて身体をゴシゴシ洗う事は皮膚を傷つけたりして逆効果になってしまいます。ストレスを溜めすぎず、リラックスしながら入浴できるようにしてみると良いかもしれません。

檜の香りはリラックスでき、体臭の予防効果があります。温泉地などでは檜風呂をよく見かけますが自宅では中々難しいものです。バラエティーショップなどには檜のチップが売っていますのでぜひ利用してみましょう。

また、レモンの汁を搾りお湯に入れ、タオルに付けてから身体を洗うのも良い方法です。レモンの香りも楽しめリラックス効果も期待でき、お勧めの方法です。

PAGE TOP ↑