産後の痔

*

出産後は痔になりやすい?原因と対策を考える

女性の場合それまではなんでもなかったのが、妊娠・出産後に痔になってしまうケースが多いようです。妊娠中は、胎児を守るために子宮の収縮を抑える黄体ホルモンが分泌され、コレが腸の働きを鈍くします。

その結果として便秘になりやすいといわれています。

そして、妊娠中は大きくなった子宮が直腸を圧迫して、血行が悪くなることでうっ血し痔になりやすいそうです。加えて分娩時のいきみは尋常なものではありません。

当然、肛門にも大きな負担がかかります。その結果、うっ血を生じ、肛門部が大きく腫れたり、いぼ時や切れ痔を起こすことも多いのです。

また、出産後には、腹筋が緩むので腸の動きが悪くなったり、母乳を与えるために水分が不足しがちになるので便秘になりやすく、便が硬くなるので排便のときに肛門が傷付き痔になりやすいよいわれています。

肛門が切れて出血した段階で便通を良くするように心がけたいものです。初期段階の痔であれば、便を柔らかくすれば、自然に治ります。

まず水分を多めに摂って、野菜などの食物繊維が豊富な食べ物を中心に摂るようにしましょう。たとえば、ごぼう、ねぎ、海草、豆類やヨーグルトやバナナなども良いでしょう。

どうしても改善しないのであれば市販の便秘薬を使用してもかまいません。

また、腹筋運動やウォーキングなどで腸の運動が活発になるようにして便秘を解消することもオススメです。さらには、肛門の周りの血流を良くするために肛門括約筋トレーニング(肛門をキュッと閉める)もオススメです。

今まで自覚症状がない人でも潜在的に発生している“隠れ痔”

「私は今までに出血もなければ痛みもないので大丈夫」って思っていた人が、きっちり検査をするといぼ痔の前段階である肛門の奥にできるいぼ状のふくらみが存在する人が多くいる現実があるそうです。

これを「隠れ痔」と呼んでいますが、原因としては「いきむこと」がほとんどのようです。

「いきむ」と言えば排便が思いつきますが、私たちの日常生活の中では何も排便だけではないことをご存知ですか?

その代表と言えるのが出産スポーツです。

肛門の構造上、いきむと直腸にふくらみ(いぼ)が生じます。そんな状態で排便をするとふくらみ(いぼ)にキズが付き、放置しておくと肛門近くまでいぼが成長してきて「隠れ痔」になるのです。

個の隠れ痔を放置するといぼが肛門の外に飛び出し完全な「いぼ痔」になります。

初期段階のいぼ痔は排便すると肛門の外に飛び出て、排便後には自然と戻るのが、症状が悪化すると排便後に指で押しこまないと戻らなくなってしまいます。

指で戻るうちならまだましで、長時間歩いているだけでも飛びだすようになってしまいます。こうなるといぼを押し込むだけでも1~2時間かかってしまうこともザラのようです。

これだけで自分の生活の質が極端に低下してしまうために決して侮れない病です。

「隠れ痔」を招く日常の行動

ココでは日常の肛門に圧力のかかる行動を挙げてみます。

掃除などでしゃがんだ時
掃除機などを立ったまま使っている時には問題ありませんが、床の拭き掃除ではしゃがんだ状態になることでふだんの排便に相当するくらいの圧力が肛門にかかるそうです。

自転車を立ってこいだ時
ちょっとした距離での買い物などで利用される自転車ですが、普通にこいでいる分には問題ありませんが、ゆるい坂道だとちょっと無理して立ってこいだりしませんか?これって意外と肛門に圧力がかかっているそうなんです。

買い物などで重いものを持って歩いた時
買い物袋を両手に持ちながら歩いている女性を見かけます。何も持たずに歩くのは問題ありませんが、重いものを持ったまま歩くと肛門に圧力がかかっているそうなんです。

ヒールをはいて歩いた時。
かかとの高いヒールは脚を長く見せるために多くの女性がはいていますが、意外と肛門に圧力がかかっているそうなんです。

いかがですか?こういった行動をしていませんか?
痔に悪いことを知らない行動がますます悪化させているのです。

これだけではありません!咳をする、くしゃみをする、大笑いをする、といったことでも肛門にかなりの圧力がかかります。

肛門に圧力のかからないように注意するには

それでは肛門に圧力をかけずにいぼ痔を予防するにはどのような行動に注意する必要があるのでしょうか。

排便は3分以内に済ませる
一度トイレに入ると10~20分もかけて排便する人がいます。排便は時間をかければそれだけ肛門に圧力をかけることになるのでできるだけ短い時間に済ませるようにしましょう。

便をすべて出し切ろうとしない
重要なのは、すべての便を出し切ってしまおうとしないことです。すべて出し切ろうとすればそれだけ肛門に圧力がかかります。多少の残便感があってもそこで排便を終了し、また便意をもよおした時に排便するようにしましょう。

排便後は肛門を体内に押し込む体操を
誰でも排便をすると肛門は若干下がります。排便後は下がった肛門を体内に戻すことで肛門に負荷がかからないようになります。

その方法は

  1. 肛門を上にひき上げるようにすぼめる。
  2. 頭のてっぺんが引っ張られ、背筋をピーンと延ばすような感覚を3秒間続ける。
  3. 力を抜いて肛門をゆるめて3秒間維持する。

 

関連記事
自宅で痔を治す方法・痔の薬の種類と選び方

PAGE TOP ↑