冷え 生理痛

*

冷えは生理痛の原因!体を冷やさないで生理痛をやわらげる

生理痛の原因である冷え性は、日常生活において自分で対処することができます。

夏の暑い際にはついつい冷房で体を冷やしすぎたり、薄着したり、冷たい飲み物や食べ物をとりがちです。

自宅では冷房の設定温度は25度前後に設定し、職場などで冷房が利きすぎている場合にはカーデガンなどを羽織る、ひざ掛けをかけるなどして直接冷気が体にかからないよう工夫しましょう。

お腹や腰周りを冷やさないために腹巻をしたり、カイロを使ったり温シップを貼るなどしてよく温めると生理痛も和らぎます。

また体の血液は下半身に集中しているので、下半身が冷えて血流が悪くなると全身の血流が滞る原因になります。

冬に上半身はセーターやダウンを着て十分保温しているので、下半身はストッキングにミニスカートやショートパンツというスタイルの人がいますが、更に冷え性を悪化させることにもなるので注意しましょう。

厚めのタイツやレッグウォーマー、ムートンブーツなどでしっかり保温するようにしましょう。

室内では足首の上まで覆うルームシューズを履くと更に保温性が増します。

更に首周りは寒さを感じやすく首が冷えると手足の先の血の巡りが悪くなります。

マフラーやスカーフを巻くなどして首回りもしっかり保温しましょう。

体を温めることは大切ですが、きつめの靴下を重ねて何枚も履いたり下腹部や腰周りを締めつける服や下着は、血流を滞らせて生理痛を悪化させるので避けて下さい。

また体の代謝機能を高め、汗を出しやすくして冷え性を改善するには、ウォーキングやストレッチ、スイミングなどの運動を適度に行うようにすると良いでしょう。

半身浴で生理痛を緩和

生理痛の元となる冷え性対策として半身浴は効果的です。

半身浴はぬるま湯で行い、比較的長い時間入浴していられるので体が芯から温まり、血行が良くなって生理痛を和らげ湯冷めしにくいという利点があります。

生理中に長時間入浴することに抵抗がある人も、入浴中は水圧がかかるのでお湯の中で出血しにくいので心配いりません。

半身浴に慣れないうちは、首のまわりや背中が寒いと思う人もいるでしょうが、続けていけば体がぽかぽか温まる心地よさが実感できると思います。

事前に浴室内に熱めのシャワーをかけたり、暖房をつけるなどして浴室を暖めたり、肩からバスタオルをかけるなどすると無理なく半身浴ができます。

湯船の温度は大体36度から高くても39度までにしましょう。

熱すぎると体に負担がかかるのでちょっとぬるいかなというぐらいが適温です。

また体が温まりかなりの量の汗をかくので、半身浴の前には必ず水分を補給するようにしましょう。

半身浴の進め方ですが、まず湯船の湯を足先から少しずつかけてお湯の温度に体を慣れさせてから、ウエストの辺りまで湯船の中に入りそのまま7、8分つかります。

お湯から上半身を出すことで心臓に水圧がかからず、無理なく楽にお湯に入れます。

そしてお湯からあがり休憩をかねて髪を洗ったら、今度は15分程度お湯につかります。

その後お湯から出て休憩しながら体を洗い、3回目の半身浴を7,8分行えば終了です。

始めからこの通りに行う必要はなく時間を短縮したり、もう少し休憩を入れるなどして自分の体調を見ながら無理のない範囲で行うことが大切です。

半身浴中は読書したり、鼻歌を歌ったり、音楽やラジオを聴くなど自分の好きなことをしながらゆったりとした気持ちで行うと、ストレスが軽減されてリラックス効果も生まれより生理痛も楽になるでしょう。

PAGE TOP ↑