生理痛をやわらげる薬

*

生理痛をやわらげる薬、どれを選べばいいの?

生理痛がひどく何とか痛みを抑えたい場合は、痛みを鎮める鎮痛薬を服用するという方法もあります。

鎮痛薬には痛みのもとであるホルモン、プロスタグランディンの分泌量を抑える働きがあります。鎮痛薬には様々な種類があり、ドラッグストアや薬局などで購入できます。

バファリンルナのようなアセトアミノフェン成分を含む鎮痛剤は、比較的刺激が少なく痛みがさほど激しくない場合に適しています。バファリンAのようなアセチルサリチルサンやナロンエースのようなイブプロフェンを含む鎮痛剤は、割としっかり痛みに効き子宮の内部にまで成分が浸透しやすいので、生理痛がどうにも我慢できないほど激痛だという人に適しています。

副作用として胃腸機能が低下する場合もありますが、胃の粘膜をカバーする成分が入っている鎮痛薬を選べば心配要りません。また最近では眠くなる成分が含まれていない薬も多く、車の運転をする人にも安心です。

また、鎮痛薬は痛みが激しくなる前に飲むのがポイントです。痛みが我慢できないぐらいひどくなってしまった状態というのは、プロスタグランディンが大量に生成されてしまった後で薬の効き目が弱くなるからです。

ただ今までは鎮痛剤が効いていたのに最近効かなくなった、痛み以外にも出血量が多くなったなどの変化が見られたら一度医師の診察を受けることをおすすめします。

自分ではどんなタイプの鎮痛剤を選べばよいか困ったら、薬局の薬剤師に相談してみるとよいでしょう。

鎮痛薬は一時的に生理痛を緩和するものなので、生活改善などで生理痛の軽減をめざし少しずつ使用回数を減らしていくことが望ましいと思います。

漢方薬で生理痛をやわらげる

生理痛によいとされる薬には、鎮痛剤以外にも漢方薬があります。

代表的なものとしては当帰芍薬散が挙げられます。当帰芍薬散は体力がなくて疲れやすい、冷えやむくみがひどいという人に適しています。

子宮への栄養分を送り込み、子宮収縮をゆるめる作用があるので痛みも徐々に和らぎ、胃腸の調子を整え便秘解消にも効果的です。

更に桂枝ぶく苓丸は血流をスムーズして冷え性に効果的です。手足が冷えやすい、ほてりがあるという人に向いています。

また加味逍遥散は、ホルモンの分泌量を調節して体調を整え、気持ちを落ち着かせる効果が期待できるので、腰痛や下腹部痛や生理中のイライラ感を緩和させます。

更年期障害の症状を和らげるのにも使用されている婦人系の疾患に効果的な漢方薬です。

そしてストレスを和らげて自律神経の乱れを防ぎ、生理に伴う胸の張りや髪のぱさつきや吹き出物などの肌トラブルなどに効果的なのが星火逍遥丸です。

ストレスを緩和することで緊張状態の子宮をゆるめる作用があるので、生理痛に有効的です。

生理痛を緩和する漢方薬には、様々な種類があるので自分の生理痛の症状にあわせて2、3種類ずつ組み合わせて飲むとより効果的です。

薬局や通販などでも手軽に購入できますが、効き目や飲み合わせが気になる人なら薬局で薬剤師に相談したり病院で処方してもらうこともできます。

漢方薬は鎮痛薬と違って即効性がなく比較的長期にわたり服用を続ける必要がありますが、体質を改善して少しずつ健康的に生理痛を軽減していくには最適な方法です。

PAGE TOP ↑